small-journal

ははとむすめ(9歳)の旅行記

夏、阿波踊りの徳島県。

タイトル通り、夏の旅行は徳島県へ🙋



交通手段は飛行機。

羽田空港お得意(?)の飛行機の氷です。


ここ数年毎年お盆の時期になるとあるような記憶があります✈️夏の暑さにこれが冷たくてすごく気持ちいい〜。

この周りにはいつも子供がたくさんいます。うちの子もここがお気に入りでした。


フライト時間はなんと1時間弱(°_°)❗️

むすめは3歳くらいから飛行機に乗っていますが、もう慣れたもんです。



ここは、徳島県の空港のバスターミナルです。

阿波踊りで迎えてくれるというサービス精神は流石。(阿波踊りの期間だったからかもしれない)


空港から市内までは、空港のバスターミナルから出てる市バスを使いました。大体これも1時間弱かな。

とりあえずひたすらぎゅうぎゅう詰め🤔



昼間は阿波銀ホールで阿波踊りをみました。座席は自由席で、一番後ろの席だったけどよく見えました👀


上の画像は、ホールのカフェで売っていた揚げパンです。

すごく美味しかったらしくその場で2つもぺろりしていました🥐

味のバリエーションはチョコ、きなこ、いちご。

むすめはチョコが気に入った模様😋(一口ももらえなかった)


阿波銀ホールの外では、ボランティアのおじいちゃんが阿波踊りについて外国の人に英語でアナウンスをしているのも見かけました🤷🏼‍♂️


ホールをでたあとは、本日のホテルに市バスで移動。

ホテルはうずしおが日本で一番よく見えると噂の鳴門のホテルです。

徳島から鳴門への移動はここでも1時間弱…。



船で渦潮のすぐ近くまでいったり、なが〜い鳴門桟橋を渡ったり、遠くから渦を見てみたり…。



夜はふもとまで降りて、本場の阿波踊りを見ました❣️

やっぱり近くでみるのは阿波銀ホールでみたのと全然違ったなあ。やっとさーやっとさーやっとさーという掛け声を自分も口ずさんでしまう。

とても自分もやりたくなります。


そんな新参者のために、にわか連といって、にわか連中を集めた連も祭りには登場するのでにわかに混ざってました。笑


四泊五日の旅なのでまだつづきます